演歌新曲ランキング HOME > 月別アーカイブ [ 2012年04月 ]
最新の無料カラオケ演歌/歌謡曲動画

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ  : 

スポンサー広告

 |  --年--月--日

藤野とし恵「おんなの花ごよみ」お披露目


演歌歌手、藤野とし恵(65)が28日、新曲「おんなの花ごよみ」お披露目コンサートを東京・浅草木馬亭で行い同曲など11曲を熱唱。木馬亭は藤野の父で浪曲師、木村重友氏が1984年に引退公演を行った思い出の地。この場所で歌唱するのは同公演以来といい「外の風景はかなり変わりましたが、会場は28年前と変わらずでした」と感慨深げだった。Yahoo!ニュースより

スポンサーサイト
カテゴリ  : 

演歌/歌謡曲 ニュース

 |  2012年04月30日

絆の歌 「女坂」森進一 36年ぶりリメーク


歌手・森進一(63)が25日、36年ぶりに“隠れた名曲”「女坂」をリメークし、ビクター・エンタテインメントから発売した。この曲は、作曲は亡き猪俣公章氏、作詞は有馬三恵子さん、編曲前田俊明氏。1976年に発売されたアルバムに収録されたがシングル・カットされず、今回、詞を一部手直しして初のシングル発売となった。森進一を聞き込んでいるファンの間では長く支持されてきた作品で、母を思う娘の溢れるような心情を歌い上げている。森の名曲「おふくろさん」が息子が思う母への男歌なのに対し、「女坂」は娘が母に呼びかける女歌。いわば“対”ともいえる作品。苦労続きの日々の中で、ただひたむきに働き続けて暮らしを立て、自分を育ててくれた母に、♪何が、生きてて しあわせか… 私も、母に似てきそう…と切々と歌い上げている。いつの世も、母への思いはかわらないが、ことに昨年の東日本大震災以来、人々はまさに人との“絆”を再認識し、家族への慈しみを再認識した。そうした中で、森進一ファンから再びこの「女坂」の支持が高まったようだ。楽曲をプロデュースした和久井保氏(ワクイ音楽事務所社長)は、作詞の有馬さんが「森さんが“静かに熱唱してくれた”と評してくださったことが、すべてを表しています」と、この曲を改めて送り出した心意気を語っている。Yahoo!ニュースより

カテゴリ  : 

演歌/歌謡曲 ニュース

 |  2012年04月28日
新曲ランキング情報
演歌/歌謡 歌手
リンク
  • 相互リンク/相互RSS募集中
  • ブログ管理ページ
  • カレンダー
    03 | 2012/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    今週の注目演歌情報
    演歌新曲ランキングアーカイブ
    03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  07  06 
    アクセスカウンター


    • SEO
    • loading
    • 演歌新曲ランキング
    • SEOブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。