演歌新曲ランキング HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 演歌/歌謡曲 ニュース > 山本譲二が認めた「日本歌謡を歌う韓国人歌手」涙の苦節半生
最新の無料カラオケ演歌/歌謡曲動画

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ  : 

スポンサー広告

 |  --年--月--日

山本譲二が認めた「日本歌謡を歌う韓国人歌手」涙の苦節半生


「僕は山本譲二さんのことを『アボジ(父)』と呼んでいます。3年前に譲二アボジと出会い、日本の歌謡曲が好きになったんです。譲二アボジは、韓国にいる本当のアボジ(54)みたいです。優しくて『楽しんでやりなさい』と応援してくれるところが、とくに似ています」こう話すのは、3月に『愛・ケセラセラ』でデビューしたパク・ジュニョン(30)。韓国人特有の繊細な美声で日本の歌謡曲を歌う姿に、注目が集まっている。才能を見いだしたのは、あの山本譲二(62)だ。「譲二アボジからは、いろいろと歌唱指導をしていただきました。厳しいと感じたことはありません。お酒の席だけは、厳しいですけど(笑)。子どものころから歌うことが好きでした。大学をやめて、歌手の道を進むと決めたとき、両親は『やってみなさい』と送り出してくれました。成功するまでは帰れない、そう思いました」釜山生まれのジュニョンは、'02年にソウルでダンスグループ『A-ZAX』のメンバーとしてデビュー。'05年にはR&Bグループ『THE STORY』の歌手として再出発したが、方向性の違いなどで解散した。その後、'09年に来日し、山本と出会ったことが転機となった。デビュー曲『愛・ケセラセラ』は、3月14日付けの『レコチョク』演歌/歌謡曲部門で初登場1位を獲得している。「両親は、すごく喜んでいました。じつは、オモニ(母・53)が今年の正月に観光バスにひかれてしまって、入院しているんです。今も右手が不自由なんですが、僕に心配をかけないよう、隠していたようです。だからこそ、病院のオモニにも歌声が届くようにがんばりたいです。目標は、紅白出場です!」Yahoo!ニュースより

カテゴリ  : 

演歌/歌謡曲 ニュース

 |  2012年06月09日
コメント/感想を投稿(歌詞はご遠慮下さい。URLはOK)
コメントの投稿
サイト管理者にのみ通知する
トラックバックURL
http://enka4youtube.blog104.fc2.com/tb.php/387-7443457a
新曲ランキング情報
演歌/歌謡 歌手
リンク
  • 相互リンク/相互RSS募集中
  • ブログ管理ページ
  • カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    今週の注目演歌情報
    演歌新曲ランキングアーカイブ
    03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  07  06 
    アクセスカウンター


    • SEO
    • loading
    • 演歌新曲ランキング
    • SEOブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。