演歌新曲ランキング HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 演歌/歌謡曲 ニュース > “演歌界の貴公子”山内惠介、映画主演に大抜てき
最新の無料カラオケ演歌/歌謡曲動画

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ  : 

スポンサー広告

 |  --年--月--日

“演歌界の貴公子”山内惠介、映画主演に大抜てき


紅白歌合戦を狙うイケメン演歌歌手、山内惠介(30)が来年1月公開の映画「昭和歌謡危機一髪!」(松竹配給、すずまさ監督)で初主演することが3日、分かった。昨年まで5年間、レギュラーを務めたニッポン放送の開局60周年企画映画に抜てきされ、俳優に初挑戦。2作連続オリコン演歌チャート1位に輝くなどブレークの兆しを見せる演歌界の貴公子が、銀幕でも大暴れする。一昨年、石原裕次郎さんや小林旭(74)をほうふつさせる昭和の銀幕スターをテーマにした「冬枯れのヴィオラ」をヒットさせ、一躍脚光を浴びた山内。昨年と今年も同テーマを路線踏襲した「涙くれないか」「釧路空港」がオリコン演歌チャートで連続1位に輝き、“銀幕歌謡”なるジャンルを築きつつある。そんな彼の人気に目をつけたのが、ニッポン放送だった。山内は昨年12月まで5年間、同局「垣花正 あなたとハッピー!」(月~金曜前8・0)の中継コーナーで週2回レギュラーを担当。沿線各駅めぐりを行い、中継地には雨の日も風の日も中高年層を中心に数多くのファンが集まった。ラジオならではの映像企画を発信したいと考えていた同局は、裕次郎さんや舟木一夫(68)、橋幸夫(70)らが主演し、昭和30~40年代に花盛りだった歌謡映画の復活をその第1弾と位置づけ、山内を平成版“銀幕スター”に抜てきした。物語は、山内演じるデビュー10年目のイケメン歌手が主人公。所属事務所が事業に失敗してIT企業に経営権が移り、彼を取り巻く人間関係や環境が激変。歌を捨てて静かな漁港で生きていく決心をするが-。元チェッカーズの武内享(50)が親身に相談に乗るバックバンドのリーダー役で共演し、音楽も担当する。山内は「自分の歌で『感動した』『勇気をもらった』と言っていただくことに喜びを感じているので、映画の世界でもそんな風にできたら」と力を込め、俳優初挑戦についても「歌と演技でどこまでこたえることができるか、必死に取り組んでいきたい」とやる気をみなぎらせている。年間で約120日もの握手会を開催するなど地道な努力を重ね、今年のNHK紅白歌合戦初出場の呼び声高い山内が、歌謡界のみならず映画界もわかせてくれそうだ。Yahoo!ニュースより

カテゴリ  : 

演歌/歌謡曲 ニュース

 |  2013年07月05日
コメント/感想を投稿(歌詞はご遠慮下さい。URLはOK)
コメントの投稿
サイト管理者にのみ通知する
トラックバックURL
http://enka4youtube.blog104.fc2.com/tb.php/690-0b0b67a6
新曲ランキング情報
演歌/歌謡 歌手
リンク
  • 相互リンク/相互RSS募集中
  • ブログ管理ページ
  • カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    今週の注目演歌情報
    演歌新曲ランキングアーカイブ
    03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  07  06 
    アクセスカウンター


    • SEO
    • loading
    • 演歌新曲ランキング
    • SEOブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。