演歌新曲ランキング HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 演歌/歌謡曲 ニュース > 森進一が新たに歌い上げた「富士山」が話題 新井満氏が作った“究極の人生応援歌”
最新の無料カラオケ演歌/歌謡曲動画

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ  : 

スポンサー広告

 |  --年--月--日

森進一が新たに歌い上げた「富士山」が話題 新井満氏が作った“究極の人生応援歌”


歌手、森進一(65)の通算120枚目となるシングル「富士山」が注目されている。約10年前に作られた曲に森が再び息吹を吹き込んだ。曲は「千の風になって」の作者である芥川賞作家・新井満氏の手による。新井氏は「私の故郷は新潟、郷土の先輩といえば三波春夫さん。あるとき三波さんから電話がかかってきてね。『新井さん、ちょっとお願いがある』と。『新曲を自分のために作って欲しい』と。テーマは何がいいですか?って言ったら『富士山』ですって…」。しかし、「作ろうとしてもなかなかうまくはいかなかった」と新井氏は言う。「天下の富士山なもんだから、どうしても美しいとか、大きくて雄大であるとかほめたくなるでしょう。ところが、ほめて書けば書くほど富士山は『陳腐だねえ、月並みだねえ』と言わんばかりに知らん顔して遠くへ行ってしまうんです。何千年も大昔からほめられっぱなしなんです、富士山は。でね、それがわかったとき、作詞の方針を百八十度変えることにしたんです。富士山をほめるのではなく、逆に富士山からほめてもらうことにしたんです」春、夏、秋、冬の四季折々の富士山の姿を“人生”に織り込むことで、富士山と人生の四季が重なった究極の人生応援歌が生まれた。「人生も中年、熟年になってくると、いろいろあったけど頑張ってきたよな、って自負があるじゃないですか。けれども誰もほめてくれない。そんなとき、心の中にそびえる富士山だけは、ほめてくれるんだよな」新井氏のそんな思いがこの歌を書かせたのだろう。2009年に三波さんの歌として発表されたが、その半年後に急逝したことで封印された。その後は新井氏自らが地道に歌い続けていた。富士山が今年6月、世界文化遺産に登録されたことで、ビッグな人に歌ってもらおうということになり森進一が抜擢(ばってき)された。人生の哀歓を歌わせたら当代随一の森によって、“生命”が吹き込まれたのである。新井氏、三波さん、そして森のコラボレーションから生まれた「富士山」は、まさに日本人の心のビタミン剤だ。Yahoo!ニュースより

カテゴリ  : 

演歌/歌謡曲 ニュース

 |  2013年11月16日
コメント/感想を投稿(歌詞はご遠慮下さい。URLはOK)
コメントの投稿
サイト管理者にのみ通知する
トラックバックURL
http://enka4youtube.blog104.fc2.com/tb.php/820-33a5aeca
新曲ランキング情報
演歌/歌謡 歌手
リンク
  • 相互リンク/相互RSS募集中
  • ブログ管理ページ
  • カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    今週の注目演歌情報
    演歌新曲ランキングアーカイブ
    03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  07  06 
    アクセスカウンター


    • SEO
    • loading
    • 演歌新曲ランキング
    • SEOブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。