演歌新曲ランキング HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 演歌/歌謡曲 ニュース > “後継問題”が原因!? 北島三郎事務所からまた1人歌手が去った
最新の無料カラオケ演歌/歌謡曲動画

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ  : 

スポンサー広告

 |  --年--月--日

“後継問題”が原因!? 北島三郎事務所からまた1人歌手が去った


北島三郎(77)の事務所から、また歌手が“退社”した。「自分にとっては(北島は)父親以上の存在であり、深く感謝しております」2月4日付けで演歌歌手の小金沢昇司(55)が32年間所属していた「北島音楽事務所」から独立した。表向きは“円満退社”だが、そのウラには事務所の“後継問題”も絡んでいるという。「これで老舗事務所も北島を含めて所属歌手は5人になった。かつては大橋純子(63)やもんたよしのり(63)といったポップス系歌手も所属する大所帯でした。“北島ファミリー”と呼ばれ結束の固さで知られていましたが、次々に退社し、一番弟子の山本譲二(64)も7年前に独立しています」(芸能デスク)昨年、出場50回をもって「紅白」を卒業した北島。歌手活動は続けるが、すでに77歳と現役歌手としてはかなりの高齢でもある。「プロの歌手は喉を酷使するだけに、長い間使えば疲労で本来の声が出にくくなる。特に女性よりも男性のほうが喉の寿命は短いと言われています。北島も体力はまだあるが喉に限界を感じて“紅白”を卒業したとの見方がある。歌手自体の引退もそう遠くはない話でしょう」(音楽関係者)そこで浮上してくるのが事務所の後継者は誰なのかということ。「北島の事務所は親族経営で、北島の兄弟や夫人らがグループ会社も含め代表権を持っている。今の事務所の代表権は7年前に夫人から長男に移行していますが、将来的に有力視されているのが北島の娘婿である北山たけし(39)なのです」(音楽担当記者)北山はもともと北島の付き人をしていて、小金沢にとっては事務所の後輩にあたる。「北山は修業時代に次女と密かに交際し、発覚したときは“禁断の恋”と言われた。同じように付き人だった小金沢は『度胸あるなあ』と驚いていた。娘を溺愛する北島は結婚を許し、北山をデビュー2年で“紅白”に出場させた。娘婿に箔をつけて結婚させたいという北島の親心から“押し込んだ”と喧伝されたものです。小金沢にとって北島は大恩人でも、後輩の北山の下で働くのは無理だったのでしょう。北島も小金沢の心情がわかるだけに独立を認めるしかなかった」(同前)Yahoo!ニュースより

カテゴリ  : 

演歌/歌謡曲 ニュース

 |  2014年02月17日
コメント/感想を投稿(歌詞はご遠慮下さい。URLはOK)
コメントの投稿
サイト管理者にのみ通知する
トラックバックURL
http://enka4youtube.blog104.fc2.com/tb.php/905-c794a22f
新曲ランキング情報
演歌/歌謡 歌手
リンク
  • 相互リンク/相互RSS募集中
  • ブログ管理ページ
  • カレンダー
    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -
    今週の注目演歌情報
    演歌新曲ランキングアーカイブ
    03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  07  06 
    アクセスカウンター


    • SEO
    • loading
    • 演歌新曲ランキング
    • SEOブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。